2012年12月21日

メール原文やプログラム情報公開=PC遠隔操作でFBも利用−警視庁など


以下は、時事ドットコム(2012/12/21)からの引用です。

「遠隔操作ウイルスに感染したパソコンから犯行予告が書き込まれ、男性4人が誤認逮捕された事件で、警視庁は21日、同庁ホームページに犯行予告メールの原文やウイルスのプログラム情報などを公表した。

ウイルス送信者に関する情報提供を求めるためで、インターネット交流サイト(SNS)のフェイスブック(FB)でも情報を公開した。

警視庁が事件の情報提供にFBを利用するのは初めてという。

公開したのは、遠隔操作ウイルスの作成や操作に使った関数、コマンド名などのプログラム情報。

犯行予告の書き込みや事件後に弁護士などに届いた犯行声明メールの文面なども掲載されている。」




警視庁のホームページは↓
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/jikenbo/enkaku/enkaku.htm

フェイスブックは↓
https://www.facebook.com/goudousousa.enkaku


随分、積極的にインターネットを活用していますが、ネット犯罪だからということだけでしょうか↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/306168740.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/308237527.html

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック