2021年09月06日

B型肝炎、患者の勝訴確定 国が控訴取り下げ―福岡高裁


以下は、時事ドットコムニュース(2021年09月03日)からの引用です。

「集団予防接種が原因で20年以上前にB型肝炎を発症し、その後再発した患者2人が国に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し控訴審(岩木宰裁判長)で、国が3日、福岡高裁への控訴を取り下げた。

賠償請求権が消滅する除斥期間の起算点を再発時と認め、1250万円の賠償を命じた一審福岡地裁判決が確定した。

弁護団によると、同種訴訟を起こしている再発患者は全国に約110人おり、勝訴が確定するのは初めて。

一審福岡地裁は2017年12月、原告側の訴えを認め国に賠償を命じた。

19年4月の二審福岡高裁は、原告側逆転敗訴となったが、最高裁が今年4月、起算点を再発時と認め、賠償額算定のため、審理を高裁に差し戻していた。

国側は控訴取り下げについて「最高裁判決を踏まえ、早期救済を図るため」と説明した。

全国の再発患者救済をめぐっては、国は7月、福岡高裁で行われた同種訴訟の進行協議で、和解金の条件をまとめた基本合意書の素案を示しており、協議が続けられる見通し。

九州弁護団の小宮和彦代表は記者会見で「協議の中で全体的な解決を求めていきたい」と話した。」





この事件の続報ですね↓

弁護団以外の弁護士に依頼して、安易に除斥を前提とする和解をしてしまった方が、いなければ良いのですが。

B型肝炎訴訟に関するお問い合わせは、こちら↓までお願いします。

〒064-0801
札幌市中央区南1条西12丁目4 酒井ビル3F
全国B型肝炎訴訟北海道弁護団事務局
TEL 011-231-1941 FAX 011-231-1942

posted by 森越 壮史郎 at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする