2021年01月26日

司法試験合格者数をさらに減員することを求める会長声明


以下は、札幌弁護士会のホームページからの引用です。

「司法試験合格者数をさらに減員することを求める会長声明

2021(令和3)年1月20日、本年(令和2年)度司法試験の最終合格者数が1450人と発表されました。

前年度に比べ52人が減少したことになります。

政府の法曹養成制度改革推進会議は、2015(平成27)年6月30日、法曹人口の在り方について検討結果を取りまとめ、「司法試験合格者数でいえば、(中略)1500人程度は輩出されるよう、必要な取組を進め」るべきとしており、本年度の最終合格者数はこの目標を下回ることになりました。

前年度における司法試験受験者数は4466人、最終合格者数は1502人のため、その倍率は2.97倍であったのに対し、令和2年度司法試験受験者数は3703人(前年度比763名減)であるため、その倍率は2.55倍となります。

このように、前年度との対比で受験者数が17パーセント余り減少している中で、最終合格者数が減員されたことは、1500人程度の司法試験合格者輩出という上記目標を優先してきたとの疑念があった昨年度までとは異なり、現実に即した判断に近づいてきたものと評価できます。

但し、1450人まで減員されたとはいえ、長年にわたり裁判官及び検察官の採用人数が抑制されている現状では、司法試験合格者の大多数は、弁護士登録を申請することとなります。

弁護士人口は、法科大学院修了者が卒業した15年前の2006(平成18)年3月31日時点では2万2021人であったものが、令和3年1月1日時点では4万3238人となっており、本年度は弁護士増加のペースが下がったとはいえ、未だ増員が続くことに変わりはありません。

これに対して、裁判所の民事事件新受件数は、2009(平成21)年をピークに現在に至るまで減少傾向は続いており、現時点でこれが増加する見込みは乏しい状況にあります。

上記のとおり弁護士人口増加のペースは鈍化したものの、なお急激であるため、法的需要に対する弁護士の供給過多は依然として是正されていません。

当会は、2011(平成23)年11月29日開催の臨時総会において、政府に対し、年間1000人程度を目標に司法試験合格者数を段階的に減少させ、その実施状況等を検証しつつ、さらに適正な合格者数を検討することを求める決議を採択しています。

現在でも、かかる現状認識に大きな変更はありません。

そこで当会は、引き続き政府に対し、司法試験合格者をさらに減員するよう強く求めます。

2021年(令和3年)1月21日

札幌弁護士会
会長 砂子 章彦」





日弁連の会長様の談話とは、随分、温度差がありますね↓
2020年の司法試験 1450人が合格 合格率4割に近づく: 札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎のブログ (seesaa.net)

ただ、合格者数こそ1500人を下回ったものの、受験者数が大幅に減少した一方で、合格率が大幅に上昇していますので、「1500人程度」という目標に、かなり引きずられた合格ラインの設定だったのではないかと思います。

司法試験は、狙い目ですかね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする