2020年09月30日

タトゥー施術、「医行為に当たらず」 彫師の無罪確定へ―最高裁


以下は、時事ドットコムニュース(2020年09月17日)からの引用です。

「医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)の施術をしたとして、医師法違反罪に問われた彫師の男性(32)について、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は16日付で、検察側の上告を棄却する決定をした。

罰金15万円とした一審判決を破棄し、逆転無罪とした二審判決が確定する。

タトゥー施術が医師法違反にならないと最高裁が判断したのは初めて。

一連の裁判では、タトゥーを客に施すことが医師法で定められた医師免許を必要とする「医行為」に当たるかが争われた。

小法廷は、医行為について「医療および保健指導に属する行為のうち、医師が行うのでなければ保健衛生上、危害を生じる恐れのある行為」と定義。

「タトゥーは医学とは異質の美術に関する技能を要し、医師が独占して行う事態は想定し難い」と述べ、医行為には当たらないと結論付けた。

補足意見で草野裁判長は「施術に伴う危険防止のため法規制を加えるのが相当なら、新たな立法によるべきだ」と述べた。

男性は2014年7月〜15年3月、大阪府吹田市のタトゥースタジオで、女性客3人にタトゥーを施したとして略式起訴された。

一審大阪地裁は17年9月、入れ墨は皮膚障害などを引き起こす危険性があり、医行為に当たると判断して有罪とした。

これに対し、二審大阪高裁は18年11月、「タトゥーは装飾的な要素や美術的な意義があり、医療を目的とする行為ではない」として逆転無罪とした。」





早速、裁判所のホームページに掲載されていました↓
https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=89717

警察の捜索を受けたのが2015年4月ですから、それから丸5年以上ですか↓
https://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/431158337.html

ご本人も、弁護人も、良く頑張りましたね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

裁判官に対する懲戒申立て事件


この事件ですが↓
https://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/477194335.html

裁判所のホームページに掲載されていました↓
https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=89658

ちなみに、1度目の戒告の時には気が付きませんでしたが、1度目の戒告についても、掲載されてました↓
https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=88055

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

「侮辱的で、遺族をさらに傷つける」 岡口判事に2度目の戒告


以下は、産経新聞(2020.8.26 20:50)からの引用です。

「殺人事件の遺族をフェイスブック(FB)の投稿で侮辱したとして、仙台高裁から懲戒を申し立てられた岡口基一判事(54)の分限裁判で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は26日、戒告とする決定をした。

13人全員一致の結論。

岡口氏が分限裁判で懲戒を受けるのは2回目。

岡口氏は「自らの見解を表明するための表現行為」などとしていたが、大法廷は「投稿は侮辱的で、遺族をさらに傷つける。犯罪被害者や遺族の心情を理解できない裁判官ではないかとの疑念を抱かせ、裁判官に対する国民の信頼を損ねる言動だ」と指摘した。

岡口氏は、東京都江戸川区で高校3年の岩瀬加奈さん=当時(17)=が殺害された事件をめぐってツイッターに不適切な投稿をしたなどとして、平成30年に当時所属していた東京高裁に厳重注意を受けた。

仙台高裁に異動後の昨年11月には、「遺族は俺を非難するようにと東京高裁事務局に洗脳された」などとFBに投稿。

同日は加奈さんの命日で、遺族が仙台高裁に抗議し、高裁が裁判官分限法に基づき最高裁に懲戒を申し立てていた。

岡口氏をめぐっては、平成30年5月にツイッターに書き込んだ別の民事訴訟をめぐる投稿も問題となり、最高裁が分限裁判で戒告とした。

26〜28年には、上半身裸の男性の画像などを投稿し、東京高裁から口頭で厳重注意を受けた。

国会の裁判官訴追委員会は、岡口氏を弾劾裁判所に罷免を求めて訴追するか調査している。

仙台高裁は「所属の裁判官が戒告に至ったことは遺憾で、重く受け止める」とコメント。

加奈さんの母、裕見子さん(52)は「一度戒告が出ても同じことをしており、分限裁判の結論に戒告や過料しかないことがもどかしい。不適切な行為を続ける人が裁判官の職にあることを、裁判所や訴追委がどう考えるのか知りたい」と話した。」





この記事の続報ですが、新型コロナの影響なのか、結論が出るまでに、随分と日数がかかりましたね↓
https://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/471778464.html

国会の裁判官訴追委員会の方も、いつになったら結論が出るのかわかりませんが、さて、どうなるのでしょうか↓
https://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/464260219.html

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする