2018年08月16日

詐欺などの疑いで逮捕の男性、不起訴処分


以下は、TBS NEWS(2018/8/8)からの引用です。

「多重債務者の問題解決をうたい、返還金をだまし取ったとして逮捕された会社員の男性について、東京地検は8日付けで不起訴処分としました。

この事件は、30代の会社員の男性が多重債務者の問題解決をうたい、過払い金返還請求訴訟を提起させて、弁護士事務所から返還金およそ190万円をだまし取ったなどとして逮捕されていたものです。

東京地検は、この男性について8日付けで不起訴処分としました。

東京地検は不起訴の理由を明らかにしていません。」





この事件の続報ですね↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/460846679.html

弁護士と話がついて、弁護士が被害届を取り下げたのでしょうか。

はたまた、余りに弁護士が騙され過ぎなので、公判を維持できないと判断したのでしょうか。

不起訴処分にも、嫌疑なし、嫌疑不十分、起訴猶予など、色々ありますが、どれだったのでしょうかね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする