2017年01月21日

伊達公子…実戦復帰へ「痛みなくコートに立つのが最大目標」


以下は、スポーツ報知(2017年1月18日) からの引用です。

「左膝痛からの復活を目指す、女子プロテニスの元シングルス世界ランク4位の伊達公子(46)=エステティックTBC=が18日、国際大会のカンガルー杯(4月30日〜5月7日、岐阜)で約1年3か月ぶりに実戦復帰する見通しを明かした。

昨年2月と4月に左膝半月板を手術し、長期リハビリ中。

「ほぼ痛みは感じない状態。明日にでも(復帰したい)、と思う気持ちもある」と順調な回復ぶりを強調した。

伊達は昨年全豪オープン予選敗退後に左膝を精密検査し、半月板の断裂が判明。

現役続行を目指し、手術に踏み切った。

現在は10キロのジョギングを痛みなくこなせるまでに状態は戻り、今後はショットの感覚や筋力などを回復させていく。

「痛みなくコートに立つのが最大目標。それができれば、この先どんなレベルで、いつまで(競技を)やれるかも見えてくると思う」と語った。」




彼女のfacebookを見ると、リハビリというかすさまじいトレーニングで、本当にテニスが大好きなんだなあと思います↓
https://www.facebook.com/kimiko.krummdate/?ref=page_internal

私事ですが、実は、先日、酔っ払って雪道で転倒、左の鎖骨を骨折しました。

初めに行った病院では、「保存的治療でくっつくのではないか」と言われましたが、何か月も固定して我慢したのに、結局くっつかなくて手術では悲惨ですし(偽関節となると、ふりだしに戻って単につなぐ手術では済まない)、ずれたままくっついて、いくらリハビリしてもきちんと腕が上がらなくなるのは嫌なので、手術をして、現在入院中です。

病名は「左鎖骨遠位粉砕骨折」。

トスがスムーズにあげられるようになるまで戻して、絶対、完全復帰しますよ。

それまでは、アンダーサーブを磨きます。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446149239

この記事へのトラックバック