2016年11月29日

雪で立ち往生の車に罰金=チェーン装着を促進−国交省検討


以下は、時事ドットコム(2016/11/22)からの引用です。

「国土交通省は22日、積雪時に幹線道路で立ち往生の原因をつくった車に対し、罰金を科す方向で検討を始めた。

タイヤチェーンの装着を促すことで、立ち往生による渋滞を防ぐのが狙いだ。

また、降雪予測を早めに住民などに周知し、大雪の際は車による移動を控えるよう呼び掛ける方針。

気象庁の統計データによると、近年は短時間に大雪が降る「ゲリラ豪雪」が局所的に発生。

直近6年間に観測史上最高の積雪を記録した地点は全国の32%を占めており、雪の降り方は極端になった。

2014年2月に関東甲信越を襲った大雪では、長野県軽井沢町の国道などで車の立ち往生による大規模渋滞が発生。

除雪作業の妨げにもなるなど問題となった。

国交省は今後、具体的な金額などを詰め、道路法で罰則を規定する方針だ。

来冬以降の実施を目指す。

担当者は「鉄道を止めると損害賠償が請求されるケースがあるが、道路も同じ。勾配が5%を超える区間では立ち往生が多く発生するのでチェーンを装着してほしい」と話している。

15年度に国が管理する国道で立ち往生があったのは547件。

9割以上がチェーンを装着しておらず、ノーマルタイヤの車も25%あった。」




国が管理する国道でも、立ち往生による大規模渋滞が発生して、損害を被るのは、他のドライバーであって、国ではないと思いますが。

積雪時に、幹線道路で立ち往生の原因をつくった車に対し、罰金を科すことなると、かえって、立ち往生しないように、無理に速度を落とさずに走行して、大事故につながったりしないでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444439680

この記事へのトラックバック