2016年10月11日

強姦再審で無罪、男性が国提訴 公判の違法性訴え


以下は、朝日新聞デジタル(2016年10月5日)からの引用です。

「強姦(ごうかん)罪などで服役中に被害証言がうそだとわかり、再審で無罪となった男性(73)と妻が5日、証言の裏付けを怠った捜査や冤罪(えんざい)発覚につながる証人尋問を認めなかった公判は違法だったとして、国と大阪府を相手取り、慰謝料や逸失利益など計約1億4千万円の国家賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

男性は、当時10代の同居女性に対する強姦などの罪で2008年9〜11月に逮捕・起訴された。

一貫して無実を訴え続けたが、大阪地裁は09年5月に懲役12年の判決を言い渡し、最高裁で11年4月に確定した。

ところが、女性が14年に「被害はうそ」と告白。

男性は同9月に再審請求した。

その後の大阪地検の調べで、女性が受診した医療機関のカルテに「性的被害の跡はない」との記載があることが発覚し、地裁は再審開始を決定。

女性は母親から被害を受けたのではないかと問い詰められ、事実と異なる説明をしていたと判明し、15年10月に無罪が言い渡され、即日確定した。

訴状で男性側は、母親が複数の医療機関に娘を連れて行ったと証言していたのに、捜査機関はカルテの確認を怠った▽受診歴の確認のため、控訴審で弁護側が母娘の証人尋問を求めたが、裁判官は認めず、真相を見逃した――などと指摘。

この訴訟で、誤判の責任を明らかにするべきだと求めている。

大阪地裁は再審を検討していた15年1月、男性側の要求を受け、大阪地検に証拠の一覧を出すよう命じる異例の決定をした。

しかし、地検は「無罪を裏付ける証拠は全て出した」と拒み、「命令は裁判官の裁量権の逸脱」と反発。

男性側は大阪地検のこの対応についても問題視している。

代理人の山本了宣(りょうせん)弁護士は「再審開始の鍵となる証拠の大半は捜査機関が持っていることは、過去の冤罪事件を見ても明らか。裁判所の命令に応じないのは無実を訴える被告人の権利の侵害で、違法だ」としている。」




この事件↓の続報ですが、提訴まで1年近くとは、随分と時間がかかりましたね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/428636222.html

報道はされていないようですが、この間、刑事補償の請求を行っていたということでしょうか↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/442481817.html

そうでなければ、刑事補償の請求をせずに、いきなり法テラスの代理援助↓で、国家賠償請求の訴えということに対して、本テラスの援助決定までに、紆余曲折があったということでしょうか。
http://www.houterasu.or.jp/houterasu_gaiyou/mokuteki_gyoumu/minjihouritsufujo/

だとしたら、なぜ、刑事補償の請求は、しないのでしょうか。

さて、どうなるのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442717644

この記事へのトラックバック