2016年10月03日

八王子の誤認起訴、刑事補償122万円 請求通り支払い


以下は、朝日新聞デジタル (2016年9月30日)からの引用です。

「東京都八王子市の傷害事件で中国籍の男性2人が誤認起訴された問題で、不当に拘束された2人のうち貿易会社経営の男性(39)に対し、国が刑事補償金122万5千円を支払うことになった。

東京地裁立川支部の30日付の決定で請求通りに認めた。

代理人の弁護士が取材に明らかにした。

刑事補償法は、捜査機関に不当に身柄を拘束された場合、1日あたり1万2500円を上限に国に請求できると規定。

男性は「身に覚えのない事件で拘束され、精神的、肉体的苦痛は計りしれない。経営する会社の立て直しも容易ではない」として、拘束された98日分の上限額を求めていた。

男性は2014年1月の事件で今年3月に警視庁八王子署に逮捕され、4月に東京地検立川支部により起訴された。

7月5日に保釈され、同月21日に犯人ではないとして起訴は取り消された。

誤認起訴されたもう1人の不動産会社経営の男性(47)も今後、同様に請求するという。」




この事件↓の続報ですが、満額認容は、当然でしょうね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/440632035.html

次は、国家賠償でしょうか↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/389664997.html

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442481817

この記事へのトラックバック