2016年08月08日

大渕愛子弁護士が業務停止1カ月 不当に着手金受け取る


以下は、朝日新聞デジタル(2016年8月2日)からの引用です。

「依頼者から不当に受け取った着手金など約18万円を返還しなかったとして、東京弁護士会は2日、同会所属の大渕愛子弁護士(38)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

大渕弁護士は「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)などのテレビ出演で知られる。

同会によると、大渕弁護士は2010年10月、女性から養育費請求の依頼を受け、着手金約18万円と事件終結まで月約2万円の顧問料で契約した。

その後、女性の希望で日本司法支援センター(法テラス)が弁護士費用などを立て替える制度を利用することになり、大渕弁護士は法テラスが定めた着手金と実費計12万5千円を受け取った。

法テラスが決定した額以上に受け取れない規定があるが、大渕弁護士は着手金の残金などとして、さらに女性から約18万円を受け取った。

女性は追加で支払った額の返還を求めたが、大渕弁護士は拒否。

11年10月に弁護士会から法テラスの制度について説明を受け、返還したという。

大渕弁護士は東京都内で会見し、「依頼者の方、関係者の皆様にご迷惑をおかけし、心よりおわび申し上げます」と謝罪。

「弁護士であれば知っているべき法テラスのルールを認識していなかったことが原因だった」と説明した。




法テラスのルールを認識していなかったとのことですが、各種の説明書だけでなく、弁護士自身が署名捺印しなれければならない代理援助契約書の第3条にも、被援助者本人から報酬等を受領することが禁止されていることは、明記されているのですが…。

しかも、弁護士の報酬は自由化されたとは言え、本来の着手金以外に、事件終結まで月約2万円の顧問料というのは、少なくとも地方では、およそ考えられないことですが、東京では、普通のことなのですかね。

苦情の行列ができなければ良いですが↓
http://ohbuchiaikohigaisha.blog.jp/

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440857835

この記事へのトラックバック