2016年07月15日

健診「合格」40歳以上は17%…健保連調査


以下は、YOMIURI ONLINE(2016年7月6日)からの引用です。

「40歳以上のサラリーマンで、血圧や肝機能など健康診断の主要4項目が全て「基準値範囲内」の人はわずか2割にも満たないことが、健康保険組合連合会(健保連)の調査でわかった。

健保連は、食事や運動など生活習慣の見直しによる改善を呼びかけている。

健保組合は、大企業の会社員や家族約3000万人が加入している。

このうち、433組合に加入する40〜74歳の会社員270万4234人について、2014年度の血圧、脂質、血糖、肝機能のデータを調べた。

その結果、4項目全て基準値範囲内の人は約45万人で全体の17%しかいなかった。

半数にあたる約136万人は、1項目以上が「医療機関の受診を勧める数値」となっていた。

「受診は必要ないが保健指導が必要な数値」の人は約89万人(33%)いた。」




ですよね。

ちょっと安心しました。

以前にも、健康診断を受けた人全体の40%位が、何らかの異常値というようなニュースを、見た気がします。

健保組合に加入している大企業の会社員やその家族と言えば、生活レベルや健康志向は比較的高いと思います。

それなのに、圧倒的多数が異常値というのは、おかしいのではないでしょうか。

誰のための健康診断、誰のための基準値なのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440066990

この記事へのトラックバック