2016年07月08日

「令状なしGPS捜査は違法」=立法措置必要と言及−名古屋高裁


以下は、時事ドットコム(2016/06/29)からの引用です。

「愛知県警が捜査対象の乗用車に、裁判所の令状を受けずに全地球測位システム(GPS)端末を取り付けた連続窃盗事件の控訴審判決が29日、名古屋高裁であり、村山浩昭裁判長は「令状の発布を受けずに行ったGPS捜査は違法」と述べた。

男性被告(44)の控訴は棄却し、懲役6年の一審名古屋地裁判決を支持した。

村山裁判長は「GPS捜査はプライバシー侵害の危険性が否定できず、新たな立法的措置も検討されるべきだ」とした。

弁護人によると、GPS捜査の立法措置に言及した判決は初という。

判決によると、被告は2013〜14年、愛知、岐阜両県で窃盗を繰り返すなどした。

愛知県警は被告の車の底部にGPS端末を設置し、3カ月半で位置検索を1653回行ったが、村山裁判長は「捜査上必要とは認め難い場合にも検索が行われた」と批判した。

弁護側は、GPS捜査に関連して集められた証拠の排除を求めたが、同裁判長は「採用した証拠はGPS捜査との関連性は強くない」と退けた。

令状なしのGPS捜査をめぐっては、大阪地裁が昨年の判決で「重大な違法がある」と指摘。

大阪高裁は今年3月、違法性を否定する逆の判断を示していた。

愛知県警の話 判決の詳細を入手していないので回答を控える。

広上克洋・名古屋高検次席検事の話 控訴棄却の判決が得られたことは妥当と考えている。」




今年3月の大阪高裁判決は↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/434710804.html

立法措置が必要だというのは同感ですが↑、有罪判決を繰り返していては、何も変わらないのではないでしょうか。

検察側は、控訴棄却は妥当だと言っていますし。

こちらも、上告するのでしょうか。

最高裁は、具体的な判断を、するのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439834663

この記事へのトラックバック