2016年06月30日

証拠捏造に情報漏洩容疑 北海道警の警部補を逮捕 覚醒剤密売人と共謀


以下は、どうしんウェブ(2016年6月22日)からの引用です。

「虚偽調書を基に家宅捜索

薬物捜査に関連し虚偽の供述調書を捏造したとして、道警は22日、証拠隠滅(証拠偽造、偽造証拠使用)と地方公務員法(守秘義務)違反の容疑で、道警薬物銃器対策課警部補の早坂洋平容疑者(38)=札幌市西区発寒6の9=を逮捕した。

道警はこの虚偽調書を基に、50代男宅を家宅捜索し、男を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕していた。

過去にもあった

早坂容疑者は「このようなことが過去に何回かあった」と供述しており、道警は同容疑者が過去にも証拠を偽造した疑いがあるとみて、捜査を進めている。

逮捕容疑は、2015年4月9日、覚醒剤密売の仲介者の男と共謀し、50代男について「(その人物が)覚醒剤を持っているのを見た」とする虚偽の調書を作成し、証拠を偽造した疑い。

また、50代男に対する家宅捜索などの捜査情報を仲介者の男に漏えいした疑い。

道警監察官室によると、道警が虚偽調書を基に50代男宅を家宅捜索したところ、覚醒剤0・046グラムを発見し、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。

50代男の取り調べを進める過程で、捜査の端緒となった仲介者の調書が虚偽だと発覚した。

昨年10月には銃器捜査でも

監察官室は「虚偽の調書がなければ、家宅捜索や逮捕はできなかった可能性がある」としている。

早坂容疑者は01年採用。

14年4月から同課に勤務し、薬物捜査に携わっていた。

同容疑者は「家族や同僚に迷惑をかけた」などと供述しているという。

道警の白井弘光監察官室長は「道民に深くおわびする。厳正に対処するとともに、原因、業務内容の検証を行い、再発防止に努める」とコメントした。

道警では、昨年10月にも、札幌白石署の50代の男性警部補=辞職=が銃器捜査に関連し供述調書を捏造しようとしたとして、停職3カ月の懲戒処分を受けている。」




50代男は、実際に覚せい剤を所持していて、使用していたのだと思いますが、覚せい剤をこっそり忍ばせ、尿もすり替えられれば、あっと言う間に、犯罪者の出来上がりですね。




という訳で、以下は、朝日新聞デジタル(2016年3月16日)からの引用です。

覚醒剤「尿すり替えた疑い」と無罪 判決「捜査ずさん」

「覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた東京都町田市の男性(47)に対し、東京地裁立川支部(深野英一裁判官)は16日、無罪(求刑懲役2年)とする判決を言い渡した。

同支部は、男性の尿から覚醒剤の陽性反応が出たとする警視庁作成の鑑定書を証拠採用しなかった。

判決は「男性の尿が何者かにすり替えられるなどして、別人の尿が鑑定された疑いが否定できない」と指摘。

警視庁の捜査を「極めてずさんで、信用できない」と厳しく批判した。

裁判では、捜査で採取された尿を保管していたポリ容器の封に、本来あるはずの男性の署名と指印がなかったことが明らかになった。

判決は、捜査をいったん放置していた町田署の警察官が再び捜査を進めることになり、「被告の尿が見当たらず、証拠を紛失したことを取り繕うため、警察内部の何者かが白地の封がされた尿入りの容器を作った可能性がある」と指摘した。

判決はさらに、尿を採取する際に作られる捜索差し押さえ調書についても「虚偽の内容で、つじつま合わせで作られた可能性がある。重大な違法証拠だ」と言及。

「捜査の基本さえおざなりにされた、信頼性が低い捜査だ」と非難した。

男性は昨年3月上旬から25日までの間に、若干量の覚醒剤を使ったとして同年5月に逮捕され、6月に起訴された。

捜査段階から一貫して否認していた。

男性の弁護人は判決後、「検察は控訴せず、『尿のすり替え』という重大な不正行為について、過去にさかのぼって徹底的に調査すべきだ」と話した。

警視庁は「調査の結果、尿を取り違えた事実は確認できなかった。本事案を重く受け止め、捜査員に対する指導を徹底し、再発防止に努める」、東京地検立川支部は「判決内容を精査し、今後の対応を検討したい」とのコメントを出した。」




50代男は、さすがに、起訴はされないのでしょうが、何ともはや、恐ろしい話です。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439566062

この記事へのトラックバック