2016年05月17日

「少しでも経済的負担軽く」法科大学院の入学料免除へ 大阪市立大、志望者減対策


以下は、産経WEST(2016.5.13)からの引用です。

「大阪市立大法科大学院が平成29年度から入学料を全額免除し、年間授業料を大幅に引き下げることを決めた。

13日までにホームページで明らかにした。

16年度までの入学料は市民以外が34万2千円、市民は22万2千円だった。

年間授業料は80万4千円から同大大学院の他専攻と同様の53万5800円に引き下げる。

ホームページでは、国が司法修習生に給与を支払う給費制を廃止したことに触れ「法曹界で活躍できるようになるまでに多くの経済的負担がかかる。志望者の減少を憂い、少しでも負担を軽くしようと学費見直しに至った」と説明している。」




大阪市立大法科大学院のホームページは↓
http://www.law.osaka-cu.ac.jp/lawschool/change_tuition/index.php

大阪市立大法科大学院の昨年の司法試験の合格率は18.6%と、全体の平均23.1%を下回っていますが、61.8%という驚異的な合格率の予備試験組や、一部の非常に合格率の高い法科大学院を除けば、結構健闘しているのではないでしょうか↓
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji08_00111.html

経済的な負担が減るのは良いことですが、それによって、法科大学院の提供する授業その他の質が、低下することはないのでしょうか。

低下することがないのだとしたら、今までの入学料や授業料は、何だったのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437971599

この記事へのトラックバック