2016年03月04日

「忘れられる権利」初認定 グーグルに犯歴削除を命令 さいたま地裁


以下は、産経ニュース(2016.2.28)からの引用です。

「インターネット検索サイト「グーグル」の検索結果から、自身の逮捕に関する記事の削除を男性が求めた仮処分申し立てで、さいたま地裁(小林久起裁判長)が「犯罪の性質にもよるが、ある程度の期間の経過後は、過去の犯罪を社会から『忘れられる権利』がある」と判断し、削除を認める決定を出していたことが27日、分かった。

検索結果の削除を命じた司法判断はこれまでもあったが、専門家によると「忘れられる権利」と明示し、削除を認めたのは国内初とみられる。

決定は昨年12月22日付。

決定などによると、男性は児童買春・ポルノ禁止法違反の罪で罰金50万円の略式命令が確定。

名前と住所で検索すると3年以上前の逮捕時の記事が表示された。

男性の仮処分申し立てに対し、さいたま件地裁が昨年6月、「更生を妨げられない利益を侵害している」として削除を命令。

グーグル側がこの決定の取り消しを求めていた。

小林裁判長は「現代社会では、ネットに情報が表示されると、情報を抹消し、社会から忘れられて、平穏な生活を送るのが極めて困難なことも考慮して、削除の是非を判断すべきだ」とし、削除は妥当とした。

今回の決定に対しグーグル側は再度不服を申し立て、東京高裁で審理中。

コメントはしなかった。

仮処分ではなく、男性が提訴した本訴もさいたま地裁で係争中だ。

関係者によると、現在は男性の逮捕歴は検索結果に表示されない。」




こちらも、弁論主義ですから、男性側の代理人弁護士が、「忘れられる権利」を主張したのを、裁判官が採用したということだと思いますが、こちらも、最高裁まで行かなければ、決着しないのでしょうね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434558956

この記事へのトラックバック