2015年12月16日

医療事故調への11月の届け出26件


以下は、朝日新聞デジタル(2015年12月10日)からの引用です。

「10月から始まった医療事故調査制度で、第三者機関「医療事故調査・支援センター」を運営する日本医療安全調査機構は9日、11月に医療機関からセンターへ届けられた事故は全国で26件だったと発表した。

10月より6件増えた。

制度の開始前は年1千〜2千件を想定しており、この2カ月間は少ない届け出数で推移している。

11月の届け出26件のうち病院が24件、診療所2件。

診療科別では内科5件、消化器科、外科、脳神経外科、産婦人科が各3件などだった。

10月分で取り下げが1件あり、10〜11月の届け出数は計45件になった。」




こちらは、相変わらず、恐ろしく、少ないですね↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/430184578.html

これでは、制度を立ち上げた意味が、ないのではないでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431248546

この記事へのトラックバック