2015年12月08日

時効廃止は「合憲」=18年前強殺で無期確定へ−最高裁


以下は、時事ドットコム(2015/12/03)からの引用です。

「1997年に三重県でホテル従業員を刺殺して売上金を奪ったとして、時効撤廃後に強盗殺人罪で起訴された久木野信寛被告(46)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は3日、同被告の上告を棄却した。無期懲役とした一、二審判決が確定する。

弁護側は、殺人罪などの時効を廃止し、時効完成前の事件についても適用するとした2010年の法改正は「憲法に違反する」と主張したが、第1小法廷は「合憲」とする初判断を示した。」




早速、裁判所のホームページに掲載されてしました↓
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85518

最高裁の初判断なのに、随分、あっさりとした報道だなあと思ったら、判決自体も、実にあっさりとしていました。

憲法39条が刑罰を科すことを禁じている「実行の時に適法であった行為」でも、「既に無罪とされた行為」でもなければ、同法31条が禁じている「法律の定める手続」によらない刑罰でもないから、当然でしょうというところでしょうか。

ちなみに、この判決が引用している過去の最高裁判決は↓です。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=56517
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=51336

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430866823

この記事へのトラックバック