2015年11月02日

入れ墨調査拒否、市職員らが逆転敗訴 大阪高裁


以下は、朝日新聞デジタル(2015年10月16日)からの引用です。

「大阪市が入れ墨の有無を尋ねた調査への回答を拒んだ職員を戒告処分とした是非が争われた訴訟で、大阪高裁は15日、職員への処分を取り消した一審判決を覆し、職員側逆転敗訴の判決を言い渡した。

山田知司(ともじ)裁判長は、入れ墨を市民の目に触れさせないための調査は正当で、差別につながる個人情報の収集を禁じた条例にも反しないと判断した。

職員側は上告する。

原告は市交通局職員の安田匡(ただす)さん(57)、市立十三(じゅうそう)市民病院の看護師、森厚子さん(59)。

2012年に全職員を対象にした記名式調査を「プライバシー侵害だ」と拒否し、処分された。

入れ墨はしていない。

高裁判決は、調査の発端は市の児童福祉施設職員が入れ墨姿で社会的な批判を受けたためと指摘。

市民の目に触れる部分に入れ墨がある職員を把握し、人事配置に反映させようという調査目的は正当で必要性もあると判断した。

そのうえで、入れ墨は人種や犯罪歴など差別を招く恐れのある個人情報と同列にできないとし、調査は市個人情報保護条例違反とした昨年12月と今年2月の一審・大阪地裁判決を取り消した。

判決後、森さんは会見で「こんな調査を平気でする大阪市であってほしくない。主張が認められるまで頑張りたい」。

安田さんも「これからも闘い続ける」と話した。」




この事件↓の続報ですね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/411939454.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/414258848.html

比較的若い裁判官で構成される地方裁判所の判断は、調査は不当。

裁判官の年齢層が高くなる高等裁判所の判断は、調査は正当。

さて、最高裁判所の判断は、どうなるでしょうか。

年齢層は、関係ないでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428929765

この記事へのトラックバック