2015年06月02日

三菱UFJ元行員、着服容疑 客口座から計1.1億円か


以下は、朝日新聞デジタル(2015年5月27日)からの引用です。

「顧客の銀行口座から現金を引き出し、着服したとして、警視庁は27日、三菱東京UFJ銀行の元行員、奈良田寿(ひとし)容疑者(52)=埼玉県川口市本町4丁目=を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。

容疑を認めているという。

捜査2課によると、奈良田容疑者は同行横浜支店の支店長代理だった2011年4月〜13年5月、ファイナンシャルプランナーとして担当した顧客4人に金融商品の購入を勧め、払い戻し請求書と通帳を預かって顧客の口座から現金計約1870万円を払い戻して横領した疑いがある。

同課の説明では、逮捕容疑を含め、顧客計33人の口座から02年5月以降、現金約1億1千万円が引き出された疑いがあるという。

奈良田容疑者は「ぜいたくな暮らしをしたかった。飲食費に使った」と述べ、関与を認める供述をしているという。

昨年4月、顧客の1人から同行に「買ったはずの社債がない」と相談があり、被害が判明。

同行は昨年9月、奈良田容疑者を懲戒解雇とし、警視庁に告発していた。

三菱東京UFJ銀行広報部は「元行員が逮捕されたことは誠に申し訳なく、深くおわび申し上げる」とのコメントを出した。」




同じような事件の報道があったと思いましたが、全く別の銀行、全く別の事件なのですね↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/416278492.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/406695652.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/406813871.html

三菱東京UFJ銀行の使用者責任が認められることは、間違いないと思います。

というか、速やかに被害弁償を行うのが、普通なのではないかと思います。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419997878

この記事へのトラックバック