2015年06月01日

井垣元判事を懲戒請求 少年審判全文掲載で


以下は、47NEWS(2015/05/26)からの引用です。

「神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件をめぐり、今年4月発売の月刊誌「文芸春秋」に掲載された少年審判の決定全文を外部に提供したなどとして、元神戸家裁判事の井垣康弘弁護士が、所属する大阪弁護士会に懲戒請求されたことが26日、分かった。

井垣氏が明らかにした。

請求したのは個人で、5日付。

懲戒処分は弁護士法で、所属弁護士会に誰でも求めることができるとされている。

決定全文は、共同通信社の編集委員が寄稿する形で4月10日発売の同誌に掲載。

大阪弁護士会の松葉知幸会長が、同誌の発行元の文芸春秋と、同編集委員に抗議する声明を送付している。」




この事件↓の続報ですが、当然、こういうことになりますよね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/417387307.html

大阪弁護士会の会長表明↓は、「公表することが正当化されることはあり得ない。」と断言しているのですから、懲戒処分となること自体は、間違いないと思います。
http://www.osakaben.or.jp/speak/view.php?id=89

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419942254

この記事へのトラックバック