2015年03月31日

預かり金1100万円着服 札幌の弁護士を業務停止5カ月


以下は、どうしんウェブ(2015/03/26)からの引用です。

札幌弁護士会(田村智幸会長)は25日、依頼者からの預かり金約1100万円を着服した上、内部調査を妨害した同会所属の越前屋民雄弁護士(68)=札幌市=を業務停止5カ月の懲戒処分にしたと発表した。

処分は23日付。

越前屋弁護士は全額を返済しており、弁護士会は告発しない方針。

弁護士会によると、越前屋弁護士は2012年1〜11月の間に、相続事件の依頼者2人からの預かり金を着服。事務所経費などの弁済に充てていたという。

さらに内部調査を妨害するため、13年8月、この2人に「預かり金から借金することを承諾していた」という虚偽の書面を弁護士会に提出させたという。

越前屋弁護士は1983年登録で、昨年5月にも2人への預かり金の返還が遅れたとして、戒告処分を受けている。」




裁判所でお見かけする程度の接点しかありませんでしたが、穏やかで、スマートな印象で、こんな大それたことをするようには、到底、思えなかったです。

自由競争による自然淘汰は、まだまだ続きます。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416567291

この記事へのトラックバック