2015年02月23日

夫婦別姓・女性の再婚禁止期間の規定、初の憲法判断へ


以下は、朝日新聞デジタル(2015年2月18日)からの引用です。

「最高裁は18日、民法が定める「夫婦の別姓を認めない」との規定と、「女性は離婚後6カ月間は再婚できない」とする規定が憲法に反するかどうかが争われた、それぞれの訴訟を、大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)に回付した。

両規定について、初めて憲法判断をするとみられる。

夫婦別姓をめぐる規定については、昨年3月に東京高裁が「違憲とはいえない」と判断。

女性の再婚禁止期間の規定については、2013年4月に広島高裁岡山支部が「立法の目的には合理性がある」と判断している。」




両事件とも、最高裁が、直ちに「違憲」と判断するとは思えませんので、民法改正に際して、何らかの手当てをすべき、という意見を出すということではないでしょうか。

ただ、その程度の判決で、今の違憲状態の国会が動くのでしょうか。

非嫡出子の差別条項撤廃の経緯↓を見ても、古い考え方の方が多いように思いますし。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/382508901.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/380205411.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/376565200.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/374071405.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/373794328.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/369397179.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/250378699.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/249688527.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/228728580.html

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414525296

この記事へのトラックバック