2015年02月02日

預かり金不正流用疑い、弁護士を刑事告発検討


以下は、YOMIURI ONLINE(2015年01月30日)からの引用です。

「横浜弁護士会は30日、同弁護士会所属の楠元(くすもと)和貴弁護士(43)が依頼者から預かった現金計約4010万円を不正流用した疑いがあると発表した。

同弁護士会は業務上横領容疑での刑事告発と懲戒処分を検討している。

発表によると、楠元弁護士は2009年1月に依頼を受けた遺産分割業務で、依頼者から預かった現金約1660万円を返さなかったとしている。

また、13年10月に依頼を受けた別の遺産分割業務でも、現金約2350万円を返金していないという。

依頼者からの苦情で問題が発覚した。

同弁護士会の調査に対し、楠元弁護士は全額返金する意思を示したが、使途については明らかにしなかったという。」




大ベテランの弁護士の不祥事が続いていましたが、43歳ですか。

働き盛りの年代だし、軌道修正もできそうな年代ですが。

自由競争による自然淘汰は、まだまだ続きます。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413394987

この記事へのトラックバック