2015年01月13日

全国で174人追加提訴 B型肝炎訴訟、9地裁で


以下は、産経ニュース(2015.1.8)からの引用です。

「全国B型肝炎訴訟の弁護団は8日、札幌市で記者会見し、札幌や福岡など全国9地裁に計174人が新たに追加提訴したと発表した。

原告数の累計は同日までに1万4530人になり、うち集団訴訟での和解者数は9274人となった。

弁護団事務局長の奥泉尚洋弁護士は会見で「和解のペースが少しずつ上がってきているが、潜在的な被害者数に比べて提訴者はまだまだ少ない。今後も電話相談などの広報活動をしていきたい」と話した。

訴訟で集団感染が認められた場合、特別措置法に基づき、症状に応じて50万〜3600万円の範囲で国から給付金が支払われる。」




まだ全国弁護団のホームページ↓には掲載されていませんが、今回、北海道弁護団が追加提訴した原告数は75名ですので、全国の4割以上ということになりますし、これまでの提訴者数・和解者数においても、人口比では非常に高い数字となっています↓
http://bkan.jp/numbers.html

国(厚生労働省)との基本合意までの活動においても↓、その後の活動においても、北海道弁護団は、先駆的な役割を果たしています。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/312123479.html

B型肝炎訴訟に関するお問い合わせは、こちら↓までお願いします。

〒064-0801
札幌市中央区南1条西12丁目4 酒井ビル3F
全国B型肝炎訴訟北海道弁護団事務局
TEL 011-231-1941
FAX 011-231-1942
http://www.b-kan-sosho.jp/

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412270936

この記事へのトラックバック