2014年11月27日

衆院選差し止めの訴えを却下 東京地裁「法規定ない」


以下は、朝日新聞デジタル(2014年11月26日)からの引用です。

「国政選挙の「一票の格差」の是正を求める訴訟を起こしてきた弁護士グループが、格差が大きいままの状態で衆院選を実施するのはおかしいとして、選挙の差し止めを求めた訴訟で、東京地裁と東京高裁は原告側の訴えを却下する判決を出した。

地裁の判決は21日付。

判決は「国政選挙の差し止めの訴えを起こせる法律の規定がない」と指摘した。弁護士グループがこの訴訟と同時に起こした「仮の差し止め」の訴えも、地裁は同日付の決定で却下した。

今回の衆院選は、各都道府県にまず1議席ずつを割り振る「1人別枠方式」を残したまま実施されるため、最大格差は2倍前後になるとみられる。

弁護士グループは「このまま選挙が実施されれば、民意を反映しない国会議員が選ばれてしまう」と訴えていた。」




瞬殺だったのですね↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/409598009.html

声をあげ続けることに意味がある、というお考えなのでしょうか。

差し止めは認められないという既定事実を、積み重ねることになるのではないでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409655171

この記事へのトラックバック