2014年09月18日

アイドルと交際、ファンに損害賠償


以下は、日刊スポーツ(2014年9月12日)からの引用です。

「アイドルグループのメンバーが、ファンと隠れて交際したとして、グループの運営会社が、メンバー、親権者、交際相手のファンに損害賠償を請求していることが11日、分かった。

グループは、青山☆聖ハチャメチャハイスクール(通称メチャハイ)で今年4月、中心メンバーだった結城美帆(19)と美浦聖奈(22)が突然、グループを脱退。

8月に都内で行われたファンイベントで、プロデューサーが「重大な契約違反があった。2人はファンと交際していた」などと理由を説明し、相手の実名まで暴露した。

その上で、運営会社が823万2400円の損害賠償を求める内容証明書をファンに送付していた。

文字通り、前代未聞の事態だが、プロデューサーは、日刊スポーツの取材に対し「2人の親権者は、『ファンと恋愛関係にならない』『職場放棄をしない』などと書かれた契約書にサインしていた。メンバーやファン全員を裏切り、許されることではない」と話した。

請求額については「2人は契約が1年残っていた。稼ぐはずだったであろう収益と、処分することになったグッズ、慰謝料などを含めた金額」と説明。

提訴も含めた「今後の対応は検討中」としたが、ファン側も弁護士を雇う意思を見せている。

青山☆聖ハチャメチャハイスクールは12年8月に結成。

今年3月、4枚目シングルが発売初週1万2000枚を売り上げ、オリコン週間総合ランキング7位。

来年1月の新曲リリースも決まっている。」




「職場放棄をしない」というのは、当たり前のことですが、「ファンと恋愛関係にならない」というプライベートまで拘束する契約は、どうなんでしょうか。

労働契約ではない、ということなのでしょうか。

ましてや、ファンには、「メンバーと恋愛関係にならない注意義務」などというものが、あるのでしょうか。

イベント会場や公式HPなどに、「メンバーとの恋愛は硬く禁止致します」などと、掲載されているのでしょうか。

何より、こんなことして、他のファンは、「良くやった」と思うのでしょうか。

逆に、離れて行ってしまうのではないのでしょうか。

まさに、ハチャメチャですね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この判決、本日届いた判例時報2310号126頁に掲載されていました。
交際禁止条項は知らなかった、死文化していたという主張だけで、被告側は、交際禁止条項の妥当性について、争っていなかったのですね。
掲載遅過ぎですが。
Posted by 森越壮史郎 at 2016年12月27日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405609668

この記事へのトラックバック