2014年08月22日

吉野家グループを公取委に措置請求 家賃の消費増税分不払いで中小企業庁


以下は、MSN産経ニュース(2014.8.20)からの引用です。

「経済産業省中小企業庁は20日、牛丼チェーンを展開する吉野家グループの3社が消費税転嫁対策特別措置法の違反行為(減額・買いたたき)を行ったとして公正取引委員会に措置請求したと発表した。

今年4月の消費税率引き上げ後に、店舗の所有者の一部に対して賃借料に引き上げ分を上乗せしないと通知するなどしていた。

中小企業庁によると、同特措法に基づいて措置請求を行うのは初めてだという。」




消費税転嫁対策特別措置法9条が準用している同法5条によると、「主務大臣、中小企業庁長官は違反行為があると認めるときは、、公正取引委員会に対して、適当な措置(勧告・公表)をとることを求めることができる。ただし、@違反行為が多数に対して行われている場合、A違反行為による不利益の程度が大きい場合、B違反行為を繰り返し行う蓋然性が高い場合、その他C消費税の円滑かつ適正な転嫁を阻害する重大な事実がある場合には措置請求を行うものとする。」のだそうです↓
http://www.jftc.go.jp/tenkataisaku/index.html

自らが、消費税の増税分を価格に転嫁できない立場にあるならまだしも、吉野家は、消費税率引き上げの際に、少なくともメインの牛丼については、消費税の増税分以上の値上げをしています↓
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1132692

しかも、多数の店舗で行っているのでしょうから、措置請求が義務付けられる@〜Cのどれにも該当しそうで、措置請求は当然でしょうね。

初めて吉野家の牛丼を食べた時には、「高級品の牛肉の丼がこんな金額で食べられるなんて」と感動しましたが、すき家の件もありますし↓、もう低価格競争は、限界でしょうね。
http://www.sukiya.jp/news/tyousahoukoku%20A_B.pdf
http://www.sukiya.jp/news/tyousahouokou%201_3.pdf

無理を強いられている人達の犠牲の上に成り立っている牛丼を食べても、美味しくないんじゃないですかね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404150900

この記事へのトラックバック