2014年07月04日

御報告


6月30日(月)に、母が亡くなりました。

満84歳でした。

認知症が進み、4年程前から施設でお世話になっていたこともあり、ごくごく近親者のみで、葬儀を終えました。

新聞のお悔やみ欄への掲載などは、敢えてしませんでした。

4月19日に、脳梗塞で病院に入院して、約2か月。

意識はあり、うなずいたり、笑ったりはしていましたが、3日前の6月27日(金)に、担当医との面談があり、脳梗塞の影響で、嚥下能力の回復が見込まれないため、今後、胃瘻を作った上で、長期療養型の病院なりに転院という話になった矢先でした。

まるで、胃瘻になってまで生きることを、本人が拒否したかのような、突然の死でした。

担当医の説明によると、元々あった腹部大動脈瘤が破裂したのではないかとのこと。

苦しむことなく亡くなったのではないかとのこと。

確かに、眠っているかのような、安からな死顔でした。


なお、ご霊前等は、ご遠慮頂ければ、幸いです。

NEC_0685.JPG

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401008496

この記事へのトラックバック