2014年05月22日

肝硬変・肝がん医療費助成求め43万人分署名


以下は、YOMIURI ONLINE(2014年05月20日)からの引用です。

「B型やC型肝炎を発症して肝硬変や肝がんに進行した患者への医療費助成制度の創設などを求め、患者らでつくる3団体は20日、超党派の国会議員に、43万人分の署名を添えた請願書を提出した。

肝炎の治療薬には肝炎対策基本法に基づく医療費助成があるが、肝硬変や肝がんまで進行した患者に対する助成はない。

年間4万人が肝硬変や肝がんで死亡しており、全国B型肝炎訴訟原告団の小池真紀子副代表は「医療費がかかり治療を先送りする患者もいる。一日も早く助成制度を作って」と訴えた。

請願書では、重度の肝機能障害患者の身体障害者手帳の交付認定基準の緩和も求めた。」




署名活動にご協力頂いた皆様、ありがとうございました↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/394795461.html

B型肝炎訴訟弁護団が行っている活動は、集団予防接種によるB型肝炎感染被害者の方々を、訴訟により救済することだけではありません↓
http://www.b-kan-sosho.jp/
http://bkan.jp/

B型肝炎感訴訟に関するお問い合わせは↓

〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目ウエスト12ビル4階
全国B型肝炎訴訟北海道弁護団事務局
TEL 011-231-1941
FAX 011-231-1942
http://www.b-kan-sosho.jp/

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397615756

この記事へのトラックバック