2014年04月17日

「あんたとちゃうやろ!」事故目撃の男性が身代わり見破る ひき逃げの女を逮捕


以下は、MSN産経west(2014.4.14)からの引用です。

「車でミニバイクの男性をはね、そのまま逃げたとして大阪府警生野署は13日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で大阪市平野区瓜破東、無職、中沢栄里容疑者(36)を逮捕した。

逮捕容疑は同日午後0時半ごろ、同市生野区巽東の市道交差点で、ミニバイクの男性(19)を車ではね、右足骨折の重傷を負わせたにもかかわらず、そのまま逃げたとしている。

中沢容疑者は「無免許がばれるのが怖かった」と容疑を認めている。

同署によると、事故の約5分後、中沢容疑者は知人女性(30)を伴って現場に戻り、当初は知人女性が署員に「私が事故を起こした」と申し出たという。

しかし、事故を目撃していた男性が女性に「運転手はあんたとちゃうやろ」と指摘。

署員が問い詰めると、中沢容疑者が女性に身代わりを頼んだと認めたという。

知人女性は同乗していなかったとみられる。

同署は「私が事故を起こした」と申し出た女性からも事情を聴いている。」




身代わりを申し出た女性は、「罰金以上の刑に当たる罪を犯した者を隠避させた者」(刑第103条)ということになり↓、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処せられる可能性があります。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=50375&hanreiKbn=02

犯人自身が逃げたり隠れたりしても、道交法違反(ひき逃げ)は別として、犯人蔵匿・隠避罪は成立しませんが、だからと言って、他人に身代わりを頼んでも良いかというと、そうではなく、学説上は争いがあるものの、最高裁判決によれば、犯人隠避罪の教唆ということになり↓、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の処罰に加えて、更に処罰が上乗せされる可能性があります。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=50739&hanreiKbn=02

下手な悪あがきは、やめた方が良いようです。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394878802

この記事へのトラックバック