2014年03月14日

弁護士の懲戒処分、昨年は過去最多の98件に


以下は、YOMIURI ONLINE(2014年3月13日)からの引用です。

「昨年1年間に全国の弁護士や弁護士法人が受けた懲戒処分は過去最多の98件だったことが、日本弁護士連合会の集計でわかった。

内訳は、弁護士資格を失う「除名」が2件、弁護士活動ができなくなる「退会命令」が6件、「1〜2年間の業務停止」が3件、「1年未満の業務停止」が26件、戒告が61件だった。」




なにぶんにも、弁護士は大増員となり、自由競争によって自然淘汰しなさい、ということですので↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/381108886.html

司法試験合格者を年間3000人にするという、全く非現実的は目標だけは、ようやく撤廃されました↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/367054301.html

しかし、その後も、2000人台の合格者数は、減っていません↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/382680007.html

ですので、今後も、当分の間は、更に増員となることは必至です。

ということは…。

「医者を選ぶのも寿命のうち」という言葉もありますが、自然淘汰の過程で、被害に遭われるのは、一般の市民の方々なのですよね。

一体、何のための、誰のための、司法改革だったのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391449009

この記事へのトラックバック