2014年01月20日

司法試験「5年で3回」を「5年で5回」に緩和


以下は、YOMIURI ONLINE(2014年1月8日)からの引用です。

「政府は、司法試験の受験回数制限を現行の「5年で3回」から「5年で5回」に緩和することを柱とした司法試験法改正案を、1月召集の通常国会に提出する方針を固めた。

司法試験の合格者数の増加につながりそうだ。

早ければ2015年実施の司法試験から適用される。

06年に始まった現行の司法試験制度では、初の制度見直しとなる。

法務省によると、司法試験受験資格を得た後、勉強時間を確保する目的で、年1回の司法試験をすぐには受験しない「受け控え」が目立っている。

だが、13年実施の司法試験をみると、法科大学院修了直後の受験生の合格率が39%であるのに対し、09年修了の5年目の受験生は7%と、受験が遅れるほど合格率は低下する傾向にある。

このため、回数制限について、「受験生を必要以上に慎重にさせている」と疑問視する声が出ていた。」




個人的には、現行の三振制の下でも、実際に受験してみなれけば、自分に本当に足りないものは何なのか、限られた時間でそれを補うためには一体何をすべきなのかは見えてこないので、「受け控え」は決して得策ではないと思っています。

別に三振制の撤廃自体に反対する訳ではありませんが、同級生と同じ期間勉強したのに、成績が劣っており、到底合格が覚束ないからこそ「受け控え」をする訳でしょうから、そういう受験生が勉強を重ねても、合格率が上がらないのは、むしろ当然のことなのではないかとは思います。

現行の司法試験制度が、司法の充実にとって、有効に機能していないことは明白だと思うのですが、まさか、これで一件落着ということではないですよね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385647704

この記事へのトラックバック