2013年10月29日

土下座命じた女に罰金30万円=名誉毀損、強要は不起訴―札幌


以下は、時事ドットコム(2013/10/25)からの引用です。

「札幌区検は25日、札幌市の衣料品店「しまむら」で店員に土下座を命じたとして強要容疑で逮捕された介護職員の女(43)について、画像を中傷のコメントとともにツイッターに投稿したとして名誉毀損(きそん)罪で略式起訴した。

札幌簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

札幌地検は、強要罪について「前科がなく反省している」として不起訴処分とし、追送検容疑の名誉毀損を適用した。

「一度インターネット上で画像が広まれば回収不可能で、被害が永遠に続く。模倣性も高い」と説明している。」




この事件↓の続報ですね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/377108455.html

強要罪については「前科がなく反省している」とのことですので、最終的には認めたということでしょうね。

こんなことで20日近く身柄を拘束された上で罰金30万円、しかも、恐らく職も失ってしまったことでしょう。

素直に認めておけば、逮捕・勾留されずに、在宅で取調べの上、起訴猶予ということもあり得たでしょうに。

しかし、ネット上では、何から何まで暴かれていたそうですので、失職は免れなかったかも知れません。

やはり、変なことはしないのが何よりです。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378872064

この記事へのトラックバック