2013年10月15日

全弁協による保釈保証書発行事業運用開始


全国弁護士協同組合連合会による「保釈保証書発行事業」↓の運用が、札幌弁護士協同組合でも、本日から開始されることとなったそうです。
http://www.zenbenkyo.or.jp/service/hosyakuhosyou.html

随分時間がかかりましたが↓、色々と横槍が入ったのですかね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/244240915.html

手数料は2%、自己負担金は10%(これは戻ってくるお金)だそうですが、早速、日本保釈支援協会が、価格競争を仕掛けて来ていますね↓
http://www.hosyaku.gr.jp/2013/08/%E4%BF%9D%E9%87%88%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E6%9B%B8%E7%99%BA%E8%A1%8C%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83%E8%A1%A8/

我々弁護士の多くは、弁護士協同組合の組合員となっているので、組合の利益となる全弁協の制度を利用したいところですが、被告人の利益のことを考えると…。

どうする全弁協?

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377570291

この記事へのトラックバック