2013年09月26日

「褒めるため」 知事、86校長名を公表 学テ問題


以下は、アットエス(静岡新聞)(2013/9/21)からの引用です。

「本年度の全国学力テスト小学6年国語A(基礎問題)の下位100校の校長名を公表する考えを示していた川勝平太知事は20日、県教委からの学校別データの提供を受けて、下位ではなく、全国の平均正答率を上回った公立小学校上位86校の校長名を五十音順で公表した。

県ホームページに掲載し、報道機関にも情報提供した。

全国学力テストをめぐる校長名の公表は全国でも例がない。

知事発言を発端にした校長名公表問題は、知事が「自らの責任において」示した平均以上の上位校公表で大きな節目を迎えた。

ただ86校は全507校のわずか17%に過ぎず、8割以上の県内小学校が平均以下だった事実も判明した。

今後、さまざまな観点から学力向上に向けた論議が活発化するとみられる。

知事は公表理由や経緯を記した教員へのメッセージも発表した。

上位校の公表理由を「教員を褒めるため」とする一方、「校長名公表は教員の責任を明確にするため。上位でも下位でも良かった」とした。

当初予定していた下位校の公表は、県が当該校を集中支援し、子どもの指導で悩む教員を手助けするため今でも関心があるとしたが「校長の個人批判につながると県教委から強く反対された」と断念の理由を説明した。

学校名と校長名は同じではなく、学校名の公表を禁じた文部科学省の実施要領には抵触しないとの認識も示した。

実施要領を理由に校長名公表に反対していた県教委の安倍徹県教育長は取材に「知事が自らの責任で公表したということ。所感は控えたい」と述べた。

実施要領に抵触しているかについて、全国学力テストを主催する文科省の担当者は「事実関係を確認中でコメントできない」と話している。」




振り上げた拳↓のもって行き場がこれですか。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/374510628.html

上記報道では、「川勝平太知事は全国学力テストに参加した507校の県内小学校のうち、国語Aの成績が全国平均以上だった学校の校長名のみ公表しましたが、静岡新聞社は学力向上に向けた教育施策を議論する上で重要な意味を持つデータとして、独自の取材で学校名を添えました。」と断り書きをした上で、小6国語Aで全国平均以上の学校と校長名のPDFファイルを公開しています↓
http://www.at-s.com/news/2013/09/21/images/20130921_school.pdf

校長名がわかれば、当然、学校名もわかりますよね。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375825693

この記事へのトラックバック