2013年09月21日

4千万着服、成年後見人の弁護士に懲役7年求刑


以下は、YOMIURI ONLINE(2013年9月18日)からの引用です。

「成年後見人として管理していた精神障害のある女性の預金4244万円を着服したとして、業務上横領罪に問われた東京弁護士会元副会長の弁護士・松原厚被告(76)の公判が18日、東京地裁であり、検察側は「弁護士としての信頼を裏切り、社会的弱者を食い物にした」と述べ、懲役7年を求刑した。

弁護側が情状酌量を求めて結審し、判決は10月30日に指定された。

検察側は論告で、松原被告が2007年9月に千葉家裁で女性の後見人に選任された直後から、女性のマンションや土地の売却代金を自分名義の口座に移し、多くを自分の借金返済や事務所経費などに流用したと指摘。

「家裁の調査にも虚偽報告を重ねて欺き、犯行を隠蔽した。被害弁償の見込みもない」と非難した。

一方、弁護側は「被告はアルコール依存症で判断力が低下していた」と主張。

高齢で反省している点なども、被告に有利な事情として判断するよう裁判所に求めた。

松原被告は最終意見陳述で、「被害者に多大な損害を与え、申し訳ありません」と頭を下げた。」




↓の続報ですが、結局、全て横領したということですね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/354929014.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/357302754.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/359642023.html

確かに判断力は低下していると思いますが、何の言い訳にもなりませんね。

弁護士資格も、運転免許のように、更新手続が必要なのではないでしょうか。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375409682

この記事へのトラックバック