2013年08月01日

大学世界ランク入り支援、10校100億円補助


以下は、YOMIURI ONLINE(2013年7月29日)からの引用です。

「文部科学省は世界大学ランキングの上位100校入りを支援するため、10国公私立大学に対し、年100億円補助することを2014年度予算の概算要求に盛り込む方針を固めた。

10校を「スーパーグローバル大学(仮称)」に指定し、海外の大学との共同研究や著名な研究者の招請を後押しして、ランキングを上昇させることを目指す。

政府は大学の国際的な地位向上を通じて、産業競争力の強化を狙っている。

6月にまとめた成長戦略「日本再興戦略」では、10年間で上位100校以内に10校以上入ることを目標にスーパーグローバル大学制度を創設することを掲げた。

ランキング上昇のためには、大学に所属する研究者が独創的な研究を行うことを通じて、研究論文が他の研究者から引用されることなどが必要となる。」




大学の国際的な地位向上を通じて、産業競争力の強化を図ることも悪いことだとは思いませんが、司法修習生の給費制を復活させても、100億円なんてかかりませんよね。

司法の増強が必要だということで、合格者を大幅に増員しましたが、裁判官や検察官の数は殆ど横ばいで、弁護士ばかりが大増員。

しかも、お金がかかるということで、司法修習生の給費制は廃止されて貸与制となり、弁護士となった時点で、何百万円もの借金を背負うことになりました。

司法の増強どころか、弁護士の弱体化にしか結びつかないことは、誰にでも、容易に想像できることではないでしょうか。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370829930

この記事へのトラックバック