2013年03月12日

覚醒剤渡した看守と受刑者を逮捕 府中刑務所内


以下は、MSN産経ニュース(2013.3.8)からの引用です。
 
「刑務所内で覚醒剤を使用するなどしたとして、警視庁組織犯罪対策5課は覚せい剤取締法違反容疑で、府中刑務所看守の野殿浩幹容疑者(31)と、同刑務所で服役中の有木健太受刑者(32)を逮捕した。

同課によると、野殿容疑者は2月下旬に関西地方で購入した覚醒剤と注射器を有木容疑者に渡し、残りを官舎に置いてあったといい「有木容疑者に頼まれた」と容疑を認めている。

逮捕容疑は、野殿容疑者は今月6日、覚醒剤約0・37グラムと注射器を所持、有木容疑者は2月下旬〜3月7日、刑務所内で覚醒剤を使用したとしている。

刑務所幹部が2月下旬、有木容疑者の態度がおかしいことに気づき、担当の野殿容疑者に事情を聴いたところ、覚醒剤を渡したことを認めたため、府中署に自首させた。

以前から有木容疑者に菓子を差し入れるなどの便宜を図っており、「エスカレートしてしまった」と供述している。

有木容疑者は平成18年に兵庫県警に同法違反容疑で逮捕され、懲役2年2カ月の実刑判決を受けて別の刑務所に収監。

刑務所内で暴れるなどして公務執行妨害容疑で逮捕され、府中刑務所に移されていた。」




警察官の不祥事は珍しいことではありませんが↓、覚せい剤で服役中の受刑者に、看守が覚せい剤を渡すとは、何ということでしょうか。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/318595153.html

関係者に、尻尾を捕まれていたということなのでしょうか。

それにしても、余りにひど過ぎます。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/344855839

この記事へのトラックバック