2013年01月08日

B型肝炎訴訟北海道弁護団


縁あって、先日、B型肝炎訴訟北海道弁護団↓に入団させて頂きました。
http://www.b-kan-sosho.jp/

最近になって、インターネットなどで大々的に広告している法律事務所もあるようですが、「B型肝炎ウイルスに感染した患者が乳幼児期に受けた集団予防接種等とウイルス感染との間の因果関係を肯定するのが相当」と判示した最高裁平成18年6月16日判決↓の原審は、札幌高等裁判所ですので、B型肝炎訴訟北海道弁護団の団員である弁護士が、直接関与していることになります。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=33231&hanreiKbn=02

その後、国(厚生労働省)との間で締結された基本合意書も、やはり、上記最高裁判決後に提起した訴訟で、札幌地方裁判所から示された所見(基本合意書(案))を当事者双方が受諾したことを受け、平成23年6月28日に、国(厚生労働大臣)と全国B型肝炎訴訟原告団・同弁護団との間で締結されたものですので↓、B型肝炎訴訟北海道弁護団が、極めて先駆的な役割を果たしてきたことになります。
http://www.moj.go.jp/shoumu/shoumukouhou/shoumu01_00032.html

そもそも、基本合意書は、国(厚生労働大臣)と全国B型肝炎訴訟原告団・同弁護団との間で締結されたものなのに、それ以外の弁護士にも、効力が及ぶのでしょうか。

その点はさて置くとしても、話はそう簡単ではない訳で↓、裁判所や国(厚生労働大臣)との間で、スムーズに和解の話が進むのでしょうか。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/b-kanen/index.html

B型肝炎訴訟に関するお問い合わせは、下記事務局までお願い致します。

〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目ウエスト12ビル4階
全国B型肝炎訴訟北海道弁護団事務局
TEL 011-231-1941
FAX 011-231-1942

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312123479

この記事へのトラックバック