2012年12月22日

新生銀のカード情報、盗難=海外で641万円不正引き出し


以下は、時事ドットコム(2012/12/18)からの引用です。

「新生銀行は18日、都内2カ所の現金自動預払機(ATM)で利用者のキャッシュカード情報が盗み出され、カンボジアで不正に現金を引き出されたと発表した。

同日までに新生銀の顧客30人が計641万円の被害を受けており、いずれも偽造カードが使われた。

新生銀は被害に遭った顧客には全額補償し、カードを再発行する。

新生銀によると、10月に目黒区自由が丘のATM1台、11月に台東区上野にあるATM1台にそれぞれカード情報を抜き取る「スキミング」機器や小型カメラが不正に設置され、新生銀や他の金融機関のカードの利用者計130人の暗証番号などが漏れた可能性がある。

利用者の内訳は、新生銀のキャッシュカードが71人、他行のキャッシュカードが54人、クレジットカードが5人。

新生銀のカード利用者以外の被害は不明だ。

他社カードの被害者には、カード発行金融機関に補償内容を問い合わせるよう求めている。

新生銀は「再発防止に努める」(IR・広報部)としており、警視庁に通報。

ATMの警備も強化した。

新生銀の問い合わせ電話番号は0120−456−007。




ATMにカード情報を抜き取る「スキミング」機器や小型カメラを設置するとは、随分、原始的なスキミングですが、監視カメラを設置しているのに、気が付かないものなのでしょうかね。

ネットバンキングどころか↓、ATMすらも安全じゃないとなると、窓口利用しかないということになってしまいます。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/archives/20120904-1.html
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/archives/20121031-1.html

銀行としても、それは困るでしょうから、安心してATMを利用できるように、警備を強化して欲しいものです。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 12:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
Posted by 職務履歴書例 at 2013年01月25日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309382669

この記事へのトラックバック