2012年10月13日

東電社員殺害:検察「無罪主張」検討 爪の付着物は第三者


以下は、毎日jp(2012年10月10日)からの引用です。

「97年の東京電力女性社員殺害事件で再審開始が確定したネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ被告(45)のやり直しの公判を前に東京高検が行った追加のDNA型鑑定で、被害女性の爪の付着物の型が女性の体内に残された「第三者」の精液の型と一致したことが10日分かった。

弁護団は「絞殺時に第三者に抵抗して付着した可能性が高い」と指摘。

高検は鑑定書を29日から東京高裁で始まる再審公判に証拠提出しており、これまでの有罪主張を転換して無罪を求める方向で検討に入ったとみられる。

鑑定結果は10日、弁護団が明らかにした。

弁護団によると、追加の鑑定対象は保管されていた10指の爪の付着物。

右手の親指と中指の付着物が第三者と一致し、他の爪の付着物も「第三者と矛盾がない」との結果だった。

東京高検の青沼隆之・次席検事は「鑑定の結果を踏まえて検察官のこれまでの主張の変更を含め、適切な対応を検討する」とコメントした。

再審請求審では、殺害現場に残された第三者の体毛のDNA型が、被害女性の体内から採取された精液の型と一致。

今年6月の東京高裁の再審開始決定は「第三者が被害女性と性的関係を持った後に殺害した疑いを生じさせている」と指摘した。

検察側は異議申し立てしたが、高裁の別の裁判長もこの判断を支持し、8月に再審開始が確定した。

マイナリさんは強盗殺人罪で起訴され、00年4月に東京地裁で無罪を言い渡されたが検察側が控訴。

同12月に東京高裁が無期懲役を言い渡し、最高裁で確定した。

このため再審公判は控訴審で行われ、1審の無罪判決の当否が審理されるが、今回の追加鑑定結果に伴い、「再審無罪」の流れは決定的となった。」



トイレに捨てられていたコンドーム内の精液は、被告人の精液と一致していますし、被害者の女性が殺害された夜にコンドームなしで被告人以外の常連客と売春していたこと、第三者の体毛が現場に残っていたこと、被害女性の体内に第三者の精液が残っていたことなどは、再審以前から判明しています↓
http://www.jca.apc.org/govinda/trial/secondjudg.html

しかし、現場に残された体毛、被害女性の体内の精液、更には被害女性の爪の付着物までが一致するとなると、話は変わってくるのですかね。

ということは、その常連客が真犯人ということになるのでしょうか?

判決文を読む限り、警察・検察は、その常連客を特定し、詳しい事情聴取をしているようですが…。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297241539

この記事へのトラックバック