2012年08月08日

家族5人殺傷:懲役30年を支持 名古屋高裁


以下は、毎日jp(2012年08月06日)からの引用です。

「愛知県豊川市の自宅で自分の家族5人を殺傷したとして殺人罪などに問われた無職、岩瀬高之被告(32)の控訴審判決が6日、名古屋高裁であった。

柴田秀樹裁判長は、懲役30年(求刑・無期懲役)とした1審・名古屋地裁岡崎支部の裁判員裁判の判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

判決によると、岩瀬被告は家族にインターネットを解約されたことに怒り、10年4月17日未明、自宅で眠っていた家族を包丁で刺し、父一美さん(当時58歳)とめいの金丸友美ちゃん(同1歳)を殺害。

母と友美ちゃんの両親である弟夫妻に重傷を負わせ、自宅に放火した。

被告は一美さんの長男。

約15年間ひきこもり生活を送っていた岩瀬被告は、1審で精神鑑定の結果、知的障害と自閉症が認定された。

このため、殺意の有無と責任能力が限定的だったかどうかが争点となった。

1審判決は、普段から凶器の包丁を調理で使い危険性を理解していた被告が、被害者の逃走を阻止した上で、急所を刺すなど手加減していないことなどから、殺意があったと認定。

被告が犯行後に自宅に放火し、血のついた服を裏がえしに着ていたことや、駆けつけた警察官に「家族を刺して家に火をつけた」と説明した点を「犯行の意味を理解した上での行動」と判断。

完全な責任能力があったと認定した。

控訴審で弁護側は、「けがをさせようと最初に母の足を刺した被告が、精神障害のためにパニック状態に陥ったことで意識障害が生じ、ほかの家族を襲った」として殺意はなく傷害致死などにとどまると主張。

「重度の意識障害で制御能力が著しく低下」した心神耗弱状態で責任能力は限定的だったとし、懲役20年を下回る判決を求めていた。」



殺意あり×完全責任能力という前提で言えば、2人殺害+3人重傷+放火ですから、死刑求刑→死刑判決でもおかしくはないところ、原審は、無期懲役求刑→懲役30年判決とのことですので、温情的な求刑と判決だったように思います。

被告人が知的障害者という点では共通していますが、先日の求刑を上回る判決↓とは、随分発想が異なるように思います。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/284561604.html

ちなみに、先日の判決では、20年が有期懲役の上限とのことでしたが、それは殺人既遂1件だけだったからで、本件では、殺人既遂2件+αですので、併合罪加重と言って、重い刑の1.5倍の範囲内で処罰されるので、30年が有期懲役上限ということになります。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 13:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩瀬高之被告も悪人やけど、もとは両親の教育が悪かったからや!仕事もせずに遊んでばかりいる馬鹿息子に小遣いばかり挙げて甘やかすのが悪いんや!責任取るのは親馬鹿の両親や!正に“甘い子に甘草”や!それよりも、今は会社にいながらしかも正社員や役職のブンザイで仕事らしい仕事もろくにせずパソコンのインターネットで遊びまくったり、まともに働く奴らを馬鹿にしたりイジめたり、この様な事件を面白がってこの殺人犯の顔写真をプリントアウトして貼り付けて遊び楽しんで自分達も真似する頭の脳の程度の低い社内ニート&ヒッキーが一般人ニート&ヒッキーをより何倍も上回って無能で劣悪な会社が急増しとるんや!!会社側もこんな奴らに給料なんか払うな!!即刻解雇しろや!!サクッとクビをちょん切れや!!どいつもこいつも役立たずのゴミクズだらけの超クソカス社会め!!
Posted by 名無しの裁判員 at 2012年10月13日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/285439797

この記事へのトラックバック