2012年07月13日

中2自殺「いじめと関係」 大津市長、遺族と和解の意向


以下は、朝日新聞デジタル(2012年7月11日)からの引用です。

「大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、同市の越直美市長は10日夜、市役所で報道陣の取材に応じ、自殺の原因について「いじめがあったから亡くなったと思っている。(いじめと自殺の)因果関係があると思って調査する」と述べ、遺族が市などを相手取った訴訟で和解する意向を示した。

男子生徒の両親は2月、市といじめをしたとされる同級生3人らに7720万円の損害賠償を求め大津地裁に提訴。

市側はいじめがあったことを認めたうえで、「いじめが自殺の原因か断定できない」として争う姿勢を見せてきた。

だが、生徒の自殺の背景を探る調査をめぐり、市教委が10日夜の緊急会見で、学校側が2回目のアンケート途中で調査を打ち切り、結果を公表していなかったと明らかにした。

これを受け、越市長は同夜、「学校と市教委の調査は不十分でずさん。裁判の基礎となる事実が信用できない。(裁判の進行を)いったん中断したい」と、従来の姿勢を転換した。

越市長はすでに、これまで調査してきた市教委と切り離し、第三者による委員会で調査する方針を表明している。

この日は「調査結果で市の責任があればおわびして和解する。因果関係が裁判所で認定されるような証拠を探したい」とも話した。 」



以下は、同じく、朝日新聞デジタル(2012年7月11日)からの引用です。

大津の中2自殺、県警が学校・市教委を捜索

「大津市で昨年10月、いじめを受けていた中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、滋賀県警は11日夜、昨年9月に同級生3人が生徒に暴行したとの容疑を裏付けるため、生徒が通っていた市立中学校と、市教委事務局が入る市役所(同市御陵町)を捜索した。

男子生徒は昨年10月11日午前8時10分ごろ、自宅マンション14階から飛び降り、自殺した。

少年課によると、捜索容疑は昨年9月29日ごろ、同級生3人が男子生徒に暴行したというもの。

捜索は午後7時半ごろから始まり、中学校は校長室や職員室、市役所は市教育長室や市教委事務局などに捜査員計24人が入った。 」



急転直下ですね。

連日の報道の影響もあるとは思いますが、ネット社会の凄さと怖さを、あらためて感じました。

それにしても、毎日のように、全国各地のいじめ問題の報道に接することは、非常に残念です↓
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/bullying/

子は親を映す鏡ということわざがあります。

まずは、我々大人が、襟を正さなければならないと思います。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/280716238

この記事へのトラックバック