2012年06月21日

組員が警察に通報…暴力団に女性殺害依頼した女


以下は、YOMIURI ONLINE(2012年6月20日)からの引用です。

「熊本県警熊本東署は19日、熊本市東区長嶺西1、派遣社員田代香織容疑者(34)を暴力行為等処罰法違反(集団的犯罪等の請託)容疑で逮捕した。

発表によると、田代容疑者は5月1日頃、福岡県内の暴力団事務所に、元同僚の女性(35)を殺害すれば成功報酬として100万円を渡すという内容の手紙を郵送した疑い。

容疑を認め、「暴力団事務所の住所はインターネットで調べた」と供述しているという。

手紙には女性の写真を同封し、1週間以内に実行するよう求めていた。

暴力団組員が福岡県警に届け出て発覚。

同署が元同僚の女性に心当たりを尋ねたところ、田代容疑者が浮上した。」



恐ろしい話ですが、これで発覚しないと思うのも、不思議です。

暴力行為等処罰ニ関スル法律第3条は、集団的犯罪等の請託について定めていますが、殺人だけでなく、傷害・脅迫・強要等も含まれているので、6月以下の懲役または10万円以下の罰金と、随分軽いのですね。

実際に殺人事件になれば、殺人教唆なりということになるのでしょうが。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276360628

この記事へのトラックバック