2012年04月21日

司法試験の合格者数、年3千人は無理…総務省


以下は、YOMIURI ONLINE(2012年4月20日)からの引用です。

「総務省は20日午前、司法試験合格者数を「年3000人程度」としている政府の目標について、「目標と実績の乖離(かいり)が大きく、近い将来の達成は困難」として、引き下げを含め見直しを検討するよう、法務、文部科学両省に勧告した。

法科大学院の定員削減や統廃合の検討も求めた。

司法制度改革の施策に関する総務省の勧告は初めて。

同省は、法務、文科両省のほか、最高裁や法科大学院(38校)、全国22の弁護士会などを対象に調査した。

政策目標自体の見直しを求めるのは異例だ。

調査では、政府が2002年に閣議決定した司法制度改革推進計画で、司法試験の合格者数を「10年頃に年3000人程度」とした目標に関し、法曹人口が11年は3万5159人となり、01年(2万1864人)の約1・6倍に増加したことを挙げながら、「一定の効果があった」と分析した。

そのうえで、司法試験合格者は10年は2074人、11年も2063人にとどまっていることを踏まえ、「現状でも国民への大きな支障はない」「弁護士の就職難が発生し、質の低下も懸念される」などと指摘。

数値目標の見直しも含めた検討を勧告した。」


この研究会↓による議論の成果ですね。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/houkadaigakuin/index.html

報道資料も掲載されています↓
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/000056940.html#seisakuhyokasyo2

日弁連もコメントを掲載しています↓
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2012/120420_3.html

さて、日弁連会長選挙の再選挙が来週なのですが↓、どう影響するでしょうか。
http://morikoshi-law.com/yomiurishinbun_120328.html

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265946474

この記事へのトラックバック