2012年02月21日

児童虐待が過去最悪=39人死亡、性的被害急増−警察庁


以下は、時事ドットコム(2012/02/16)からの引用です。

「2011年に全国の警察が摘発した児童虐待事件は、前年比32件増の384件、被害児童は38人増の398人で、いずれも統計を取り始めた1999年以降、過去最多だったことが16日、警察庁のまとめで分かった。

虐待で死亡した子どもは前年より6人増えて39人。

ゼロ歳児が10人と約4分の1を占めた。

このほか、心中事件に巻き込まれたり、出産直後に遺棄されたりするなどして33人が死亡した。

児童虐待の摘発件数は6年連続で増加し、02年以降の10年間で倍増。

近隣住民が虐待の恐れがあるとして通報するケースなどが増え、早期の発見、摘発がしやすくなったことが理由とみられる。

虐待の内訳は、暴行などの身体的虐待が270件と最多で、全体の7割を占めた。

次いで前年比43.3%増と急増した性的虐待が96件、育児放棄が17件、心理的虐待が1件だった。

児童虐待の加害者となった保護者は409人で過去最多。

実父(134人)と実母(119人)で61.9%を占め、ほかに養父82人、母親の内縁の夫が60人などだった。」


最近、幼児虐待の事件が多く、しかも残虐化しているように感じていましたが↓、やはりそうなのですね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/240753952.html

通報するケースが増え、早期の発見、摘発がしやすくなったことが理由とされていますが、それだけの話でしょうか。

日本全体を覆う不景気感、あせり、失望、苛立ちが、抵抗できない幼児に向かってしまっているように思います。

札幌弁護士会でも、毎週木曜日の16:00〜18:00、こどもの権利110番を行っているのですが(電話番号011-281-5110)↓、認知度の低さ、広報の足りなさが問題です。
http://www.satsuben.or.jp/center/general_info/embarrassed.html

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253377683

この記事へのトラックバック