2011年12月21日

弁護士過疎「ゼロワン地域」解消 北海道紋別市に事務所


以下は、asahi.com(2011年12月19日)からの引用です。

「日本弁護士連合会は19日、全国各地に203ある裁判所支部管内のうち、弁護士がゼロか1人しかいない「ゼロワン地域」がなくなった、と発表した。

ゼロワン地域は10年前には全国60カ所以上あり、「不便な司法」の象徴だった。日弁連は2000年以降、開設・運営費を支援するなどして、のべ109カ所の公設事務所を開設。

弁護士を2〜3年の任期で派遣する仕組みをつくった。

国が設立した日本司法支援センター(法テラス)も事務所を開設してきた。

最後まで残っていた旭川地裁紋別支部管内の北海道紋別市に18日、日弁連などが支援する事務所が開設されて弁護士1人が赴任し、管内の弁護士は2人に。

10年以上の取り組みを経てゼロワン地域が解消された。

裁判官や検察官がいない支部地域は現在も残っており、日弁連の宇都宮健児会長は「国民の裁判を受ける権利を保障するため、裁判官や検察官の増員など司法基盤の整備が強く求められる」との談話を発表した。」


遂に弁護士ゼロワン地域がなくなりました。

弁護士がゼロでは、弁護士に相談したり、事件を依頼したりすることができませんので、弁護士ゼロの地域をなくさなければならないことは、勿論です。

加えて、紛争には、必ず相手方がおり、相手方も、弁護士に相談したり、事件を依頼したりすることができなければ不公平ですので、弁護士がワンの地域もなくさなければならない訳です。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241739336

この記事へのトラックバック