2011年11月25日

武富士遺族ら争う姿勢示す 損害賠償請求訴訟、初弁論


以下は、朝日新聞(平成23年11月25日)からの引用です。

「会社更生手続き中の消費者金融・武富士の創業者遺族で元役員ら3人に対し、札幌市などの借り手89人が、過払い分の利息が返還されなくなったとして総額約1億6300万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が24日、札幌地裁(橋詰均裁判長)であった。

被告側は請求の棄却を求めて争う姿勢を示した。

原告弁護団(団長・藤本明弁護士)によると、これまでに3次に分けて提訴。

この日は1、2次提訴分の口頭弁論があった。

弁護団は今後も追加提訴をしていく方針だ。

同じように過払い分を抱えている人に対し、26日午前10時〜午後3時に電話(011・281・0506)で相談を受ける。」

という訳で、明日は朝から電話相談です。

札幌弁護士会所属弁護士森越壮史郎法律事務所ホームページ
posted by 森越 壮史郎 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236954544

この記事へのトラックバック