2020年03月30日

司法試験合格者「減少を」 12弁護士会が声明


以下は、共同通信(2020年03月26日)からの引用です。

「埼玉など12道県の弁護士会が25日、人口が減少する中、弁護士が供給過剰になっているとして、政府に司法試験の合格者をさらに減らすよう求める声明を発表した。

司法試験合格者数は4年連続減少し、2019年は1502人。

一方、受験者数も減り、合格率は3年連続上昇した。

声明は、民事訴訟が大幅に減少するなど、弁護士の活動領域は広がっていないと指摘。

「供給過剰状態を解消し、法曹の質を保持することは、司法制度存立の基礎を維持するために必要不可欠だ」と訴えた。

千葉県弁護士会の小見山大(こみやま・ひろし)会長は東京都内で記者会見し「人口が減り続けている中、弁護士人口は急激に増加している。10年先、20年先も弁護士が市民のために働く環境を整えなければならない」と語った。」





12道県とのことですので、恐らく札幌弁護士会も入っていると思うのですが、千葉県弁護士会のホームページ(https://www.chiba-ben.or.jp/)を見ても、札幌弁護士会のホームページ(https://satsuben.or.jp/)を見ても、更には、インターネットでキーワード検索しても、出てきませんでした。

そのうち、掲載されるのでしょうかね。

さて、地方の声は、届くようになるのでしょうか↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/474024577.html

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする