2019年11月12日

19年の司法予備試験合格、最多476人


以下は、時事ドットコムニュース(2019年11月07日)からの引用です。

「法務省は7日、司法試験予備試験の2019年の合格者は前年比43人増の476人だったと発表した。

受験者は1万1780人。

受験者、合格者とも過去最多で、合格率は4.04%(前年比0.15ポイント増)だった。

予備試験に合格すれば法科大学院修了と同等の力があるとみなされ、司法試験を受けることができる。

経済的理由から法科大学院に通えない人に門戸を広げる狙いがある。

予備試験合格者のうち現役の大学院生、大学生(いずれも出願時点)は計369人で、全体の77.52%を占めた。

合格者の平均年齢(今年末時点)は26.03歳。

女性の割合は17.86%だった。」







法務省の発表は↓

今は、司法試験にしても、予備試験にしても、試験問題は勿論、出題の趣旨なんかも公表されるのですね。

我々の時代は、闇鍋みたいな試験でしたが。

posted by 森越 壮史郎 at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする